西川の寝具マットレス☆珠玉の1枚。使用感レビュー

西川の寝具マットレス☆珠玉の1枚。使用感レビュー

睡眠で、体の体調が良くなり、毎年、寒さのせいか、冬のお悩みだった胃腸の不調症状を無くせた、たった1つの事。

腰が痛い、肩が凝るなど、寝姿勢が悪いだけで色々な不調が出ます。

睡眠が不十分だと、モチベーションの低下に繋がるので、

少しでも快眠できるように務めるのも良いのではないでしょうか?

おすすめの西川寝具のマットレスを使った感想。

睡眠で体の体調を整える

私の祖母が生きている時の話で、夜になると目が覚めてしまい、

毎日睡眠薬を常用していました。

昼間の活動量が、肉体的にも、精神的にも、精一杯エネルギーを出し切ると、

夜はすんなり眠れるそうです。理屈では・・・

祖母は運動があまり好きな人では無かったので、眠れなかったのも、

そもそも活動量が少なかったのかもしれません。

ある日、テレビで自分に合った枕の作り方がやってまして、素直に祖母は夜、

テレビでやっていた枕を作り、実践しました。材料は家にあったもので出来たので。

次の日の朝、祖母がこう言いました。「あんなに悩まされていた睡眠が、

昨日は眠れた」

睡眠障害で、体の体調も良くなかった祖母が、枕を変えただけで眠れたのです。

夜に体は修繕されます。睡眠の質を上げるのはとても重要で、

祖母のように案外睡眠の質を上げるのは、簡単かもしれません。

睡眠で体の不調改善

私は、よく眠れるのですが、毎年冬になると体に不調が起こります。

病院に行っても病変はなく、原因が特に無いのにです。

私の使っていた敷くマットレスが、折りたたみで小さくなり、

収納しやすいのですが、寝具としてはイマイチで、

折り目のところで体が落ちてしまうのです。

夏の旅行先で泊まった部屋の寝具がとても良く、睡眠の質も快眠で、

すごく気に入り、これと同じものを調べて、いつか買おうと思いました。

ホテルの敷マットで使っていた同じ物を調べて見たら、結構お値段が高い・・・ホテルで採用されるくらいなので、当たり前かもしれませんが。

ただ、これからは、仕事やプライベートも質良く暮らしたいので、

自己投資と思い購入を決めました。

快眠出来るおすすめの敷布団は西川 [エアー] マットレス ブルー シングル 高反発

毎日、西川の寝具・マットレスで寝るようになり、

まず変わったのが、睡眠が深くなった事

ビジネスにも通じる科学的なお話で、日々の思考の整理を睡眠中にするので、

睡眠をしっかり取るだけでも変わってきます。

思考を鍛えると、人間の持つエネルギーのひとつで強力なパワーを持つ、時間を有効活用出来ます。思考が体を使い、行動して結果を引き寄せるので。

つまり、思考が整ってないと、決断も鈍り、無駄に生きてしまう。

だから、時間を何かに変換しようとするなら、思考を磨かないといけない。

思考を生み出す脳を、いかに精度を上げる為のエネルギー補充を出来るかが

重要になってくる。

なので、 ご自分に合った、西川の寝具・マットレスを使い、

睡眠で体も脳も休ませる事が大切になってくる。

色んな敷布団を試して 西川の寝具・マットレス に行き着いた

今まで数種類の敷布団を買ってきました。

低反発マットレス。柔らかくて寝始めは良いのですが、長時間寝るには

体が沈み込み過ぎてダメでした。

中綿の普通の敷布団は、逆にクッション性がなく、床の硬さが伝わって

体の凝りが余計ヒドくなりました。

その点西川 [エアー] マットレス はとても良いです。

程よい厚みと硬さで、寝具を変えた日に実感しました。

西川の寝具マットレス☆使用感レビューまとめ

良い睡眠と、体の為に何が出来るのか?

良い布団、枕、寝具を揃えること。

ご自分で寝て、良かった寝具があれば スマホで調べて買われても良いと思います。

睡眠時間と所得の関係を知っていますか?https://zuuonline.com/archives/126766

「週1時間余分に眠ると賃金が最高4.9%アップする」との

興味深い調査結果が、米マサチューセッツ州のウィリアムズ大学から

発表された。逆に「週1時間の睡眠不足は短期的には0.5%、

長期的には4.5%の賃金ダウン」だという。
良質の睡眠が生産力の向上につながるというごく当たり前の理論だが、

この説が万人に該当するとした場合、米国人の3分の1以上が睡眠不足と

報告されている近年、賃金低下が深刻化することになりそうだ。

6時間睡眠を2週間続けると、2晩連続徹夜したのと同じ影響が
賃金は職場での自分の能力に対する評価を反映している。

後から入社して同じポジションで働いているほかの従業員が、

いつの間にか給与をたくさんもらっているーーという経験がある人は、

不満を唱える前に自分の勤務態度に問題を見直してみることも重要だろう。
一般的に昇給できる人は、上層部を納得させるだけの実績をあげている場合が多い。

職場でもハキハキ明るく振る舞い、仕事への意欲を感じさせる空気を

振りまいている。人脈も広く、周囲から信頼と評価を受けているほか、

新しいアイデアや改革にも積極的に取り組む姿勢が見られる。


「寝る時間をけずってでも働いた方が、評価や所得増額に貢献するのでは」と考えがちだが、いくら頑張っても評価されないジレンマに苦しんでいるのなら、

意外な原因はこのあたりに潜んでいるのかも知れない。
ウィリアムズ大学の研究者はこれらの「昇給、出世のルール」が、良質の睡眠から創出されると結論づけている。

ぐっすり眠れた翌日はやる気がわき、快適に過ごしやすいということは誰もが経験ずみだ。


反対に睡眠不足が続けば集中力が散漫になり、うっかりミスなどのトラブルが続出。仕事仲間と会話を交わすのもわずらわしく感じ、

仕事対する意欲が低下する。昇給どころかクビすらも危うい状況におちいりかねない。


ウィリアム大学の調査では、米地域の日昇・日没時間と週給、睡眠時間などを年代や性別、人種別に比較し、差異を測定している。

それによると日没時間が早い地域ほど平均睡眠時間が長く、睡眠時間の長い地域の方が平均給与が高いというデータが弾きだされている。


一般的な成人に推奨されている睡眠時間は、年齢層によって異なるものの

約7時間。日本や米国を含む複数の調査結果から、睡眠時間7時間前後の層の死亡率が最も低いことも報告されている。

また6時間睡眠を2週間続けた影響は、2晩連続で徹夜した疲労感に匹敵するそうだ。
米国の3分の1の成人が7時間以下の睡眠しかとっていないという現状は、

健康面でも所得面でもマイナス効果にしかならないということになる。

米統計サイト「Statista」の2016年のデータでは米国の平均睡眠時間は7時間52分となっているため、寝過ぎの人も極端に多いと考えられる。

日本人の平均睡眠時間は7時間30分11秒だが、こちらもあくまで平均時間であるため要注意だ。(ZUU online 編集部)

睡眠が与える影響はとても大きく、睡眠の質は体の為に、

最優先投資先に寝具、敷布団があっても良いのではないでしょうか