美容院・店舗経営で生き残るためには

美容院・店舗経営で生き残るためには

美容院を2店舗経営してる中で、経験し感じた生き残るためにはのお話しをする記事です。

美容院・店舗経営者の悩み

まず、何と言っても全国の美容院の数。

メチャメチャ多いですよね(汗)

需要と供給のバランスと言われてますが、

都内近郊に関して言えば、もうスーパーレッドオーシャン。

出店する場所がほとんど埋め尽くされてしまってます。

数だけで見たら、出店をしない方が

いいですよね(汗)

キャッシュフローを大切に自己資本比率を上げよう

良く数字に強くなりましょう!

と言われると思いますが、

私も含めて、案外職人上がりの

経営者って数字に対してどんぶりだし、感覚(汗)

自分では数字に強くなってるつもり

なんだけど、実はなっていない。

そもそも自己資本比率って何??

自店の総資本のうち、どの程度が自己資本でまかなわれているかの指標

経営者って色んなリスクを抱えている

  • 災害が起きた時の従業員に対する給料保証(廃業すればなし)
  • 売上減でも固定費比率は同じ
  • 従業員の突然の退社・・・

あげればキリがない(汗)

なので、毎月、毎日、毎時間レベルまで細分化して

利益を確保するための努力をする。

その積み重ねで、ふっと吹かれても飛ばない

強固な経営基盤を作る事ができる。

キャッシュをいかに多く持てるか、ここの余裕がとても大切。

残念ながらおもてなしだけでは継続できない

美容院に問わず、店舗を収益化していくならまず

売れる商品・技術は最低条件

ここをしっかり作り込まないと、そもそも選ばれない。

自分の美容業に置き換えると

一定のスキルは従業員全員が持っていないとダメ

なぜなら、まず見える満足をお客様は求めるから

これがあって次に、長く愛されるためにはソフトの部分

接客・接遇のおもてなしがくる。

経験上、おもてなしが先だと時間がかかるし、

お客様も、ふ~~んで記憶に残らずそのまま来ない(汗)

すごい頑張ってる(時間も投資している)割に売上が伸びない事に

なりかねない・・・

スキルってバランス

スキルって見える部分と、見えない部分からなっていて

見えない部分の

相手のお悩みを汲み取るセンス

相手のイメージを的確に描ける

これがあって、見える部分が生きるので

両方バランスよく鍛えていけるとベスト

結局ここをキチッとやると、結果相手の気持ちがわかるようになるので

おのずと、おもてなせる人になる。

まとめ

キャッシュを残せるようにする事と、残すためには

働いてくれるスタッフのスキルレベルをいかに上げれるか

これに尽きると思う。

ぜひご参考に

PS.自分の師匠から教わった事で、

「経営に楽しいはあっても、簡単はない」