美容室チラシで集客☆月間50名集めた実例

美容室チラシで集客☆月間50名集めた実例

美容室、チラシの集客はどうやってるの?できるの??

美容院で月間50名集客した実例を記事にしてみました。

美容室チラシってそもそも集客出来るの??

結論から言うと、出来ます。

ただ、時代の変化でチラシ単体で効果がでると言うよりは、

集客導線のひとつという方が正しいです。

どういう事かと言うと、数十年前はまだ今みたいに

個人が情報発信を簡単に出来なかったので、

チラシ単体でも、新聞・地方情報誌等に折込すれば

結構反応はありました。

しかし、今はやはり主流はWEB。

なので、数ある入口のひとつと言う考えになります。

チラシの内容ってどんな事を書いたらいいの

今までお店のチラシを数万枚まいた経験と実績からいくと

  • ウリとしたいメニューの画像
  • どんなコンセプト・想いでやっているか
  • どんなスタッフで
  • 今までの実績はどんなものがあるのか

この辺の事は抑えて織り込んでいきたいですよね。

あと、当たり前の事ですが

顧客目線が大切

  • 安っぽく見えないか
  • 見やすさはどうか
  • 読みやすいか
  • 見て行きたいなと思うか
  • 一貫性はあるのか

日々の生活の中で、自分でもたくさんのチラシを

見てるはずです。

そのチラシからもヒントがたくさん盛り込まれているので

何となく、そそられたチラシがあったら保管して

ご自分で見ながら、なんでこのチラシに惹かれたんだろう??

と言う目線で研究してみてください。

めちゃめちゃヒントがありますので。

広告費はどれくらいが適正なのか

これは実際天井はないと思いますが、目安として

売上の10%くらいはかけても良いと思います。

実際、有名なコンサルタントのダンケネディーは

こう言ってます。

そこの市場で一番広告費を出せた者が勝者になる

実際、資金力があるなら、そこの地域で一番広告費を出せれば

敵はいないと言うことです。

チラシを出す頻度はどのくらいがいいのか

これも先程の話にリンクしていて、

毎月よりも毎週。

毎週よりも毎日

毎日よりも毎時間

となります。

実際テレビCMがいい例で、ほぼ毎時間同じCM流れますよね。

なので、これが答えで頻度も狭ければ狭い方がいい

という事になります。

ちょっと問題出してもいいですか?

心理学に基づくデータで、信頼関係を築くのに

どちらの方が有効か?

  1. 10時間一緒にいる
  2. 10回会う

A.2番の10回会うです

人は一緒に居る時間よりも接触する回数が多い方が、信用していくのです。

と言う事は、やはり接触回数をいかに多くするかが

集客にも影響すると言うことです。

美容室チラシ集客まとめ

チラシもご自分で場数を踏んだ方がよくて、いろいろ失敗してまた検証して

そうしていく内に、自然と顧客目線がわかりコントロール出来るように

なると思います。

チラシは導線のひとつに過ぎないので、反応を取ろうというマインドではなく

入口を増やすイメージの方がいいと思います。

僕もチラシにトータル、ウン百万円使ってきました。

初めは10000枚まいて反応0(汗)という事もありましたし・・・

大切なのは、そこでめげずに続けることです。

考え方の記事を書いてますのでよろしければ

ココナラさんなら、安くチラシのデザインをしてくれる

デザイナーさんもいますので、探されてもお得だと思います。

ご参考に