若者の薄毛対策。内部的アプローチ

若者の薄毛対策。内部的アプローチ


髪の毛の成長には血流が欠かせません。


身体を作るものはやはり食べ物になります。


自分が何を選択し、自分の責任で何を


摂取するかは、自分でコントロールできると思います。

今回は、髪薄毛を、体の中からバランスを整え、元気な髪にしていく方面の話を書いていこうかなと思います。

若者の薄毛対策は血流から

医学的な体の仕組みで言うと、体に不調が起こった時に、そこに血液が必要なため、

一番末端の爪や髪の毛から血流の流れが止められます。

ということは、体に不調があるだけで、髪の毛に行くはずの血流は、かなり減らされるということです。

髪の毛は、体の体調をよく表すともいわれますが、本当にその通りだなと思います。

風邪を引いた時など、髪にボリュームが無いと感じることありませんか?

足をぶつけた時に、あざになるように


そこに血液が溜まり患部を治そうと働きかけるのです。

なので、遺伝的な要因もあるとは思いますが、こういう方面から見ると、薄毛は体のバランスが崩れ、

症状として現れる病気なのかもしれません。

だとしたら、病気もすぐ治るものもあれば、時間をかけないと治りづらいものもあります。

若者の薄毛は健康のバロメーター

薄毛も、健康的な体づくりのバロメーターだと考えた時に、やはり食事から始まり、

睡眠、運動のバランスが結局のところ薄毛予防につながってくると思います。

自分が考える優先順位でこの中でも一番大切なのがやはり体を作る食事かなと思います。

私は身体の専門家ではないですが、


仲良くさせてもらってる整体の先生に教えて頂いたことがあります。

身体を健康的に維持するためには、身体の中をアルカリ性にすると良いそうです。

逆に酸性に身体が傾いた時に、不調になりやすいそうです。

この、身体を酸性にする食べ物。

簡単に言うと、甘いものや、食品添加物を摂取しすぎることで、身体は酸性に傾くそうです。

では、体が酸性に傾くことでどうなるかと言うと、先ほど出てきた、血流が悪くなるので、一番末端の髪の毛には当然届きづらくなります。

若者の薄毛対策。一汁山菜

和食の基本、1汁3菜という言葉がありますが、昔から言われるこういう言葉には、

体を健康に保つための、1番良い考え方かもしれません。

外部から、たくさん薄毛の予防をやったとしても、これもバランスで、

内部からの不調を改善しない限り、小手先の薄毛対策になりかねません。


体に必要とされる必須アミノ酸だったり、ミネラル、あとタンパク質この辺を、

出来ればサプリとかではなく、食事から摂取していけると、とても良いそうです。


優先順位として、同時進行がいいとは思いますが、内部的な対策を先にやった方が結果、

外部的対策が生きてくるような気がします。