若者の薄毛対策。多い悩みに驚き

若者の薄毛対策。多い悩みに驚き

若い人の薄毛について年齢に関係なく


若い人でも薄毛が気になる方がとても多いように思えます。


何か有効な対策や予防法があれば知りたい方も多いのかなと思います。

今まで自分が聞いたり勉強してきた範囲の話にはなりますが、

経験則で感じた事を書いていこうと思います。

若者の薄毛、遺伝的なもの

まずやはり気になるのが遺伝的な問題。

こちらはとても強力で、外部から作用させるのはとても難易度が高い問題です。

ただ遺伝的な問題はあるにせよ、

薄毛になる可能性が人よりも高いだけなので、

結局のところ、ご自身が諦めなければ遅らせたりまたは、

そこまで薄毛が進行することは防げるかもしれないと思います。

一番良くないのは、親がそうだからとか、親戚に何人かそういう方がいたとか、

その結果にフォーカスしてしまい、自分もそうなってしまうと、

結果的に諦め、そっちに近づいていって

しまう方が良くない事かなと思います。

よく聞く話ですが、薄毛になる前に予防する事がとても重要という事実。

ただ、薄毛になってから気になり対策を始める方がほとんどかなと言うことも

事実あると思います。

なのでまず具体的に発毛させるとかではないですが、今ある髪の毛を

どうすればボリュームアップできるかそちらの手段を、まず考えた方が現実的

かなと思いますので、

それについて具体的にあげて行きます。


若者の薄毛対策。ボリュームアップするには?

髪の毛には、一本一本に立毛筋と言う髪のボリュームに欠かせないものがあります。

この立毛筋をちゃんと働かせてあげれば理屈的には、髪がボリュームアップします。

ではこの立毛筋を働かせるためには、シャンプーの時に頭皮を力強く擦らない事。

これがとても大切です。

どういうことかと言うと、話は少し逸れますが、肌のケアで、

手はヤスリだと思えという言葉があります。

それくらい、手で頭皮をこするという

行為はヤスリで頭皮をこすってると言うことになります。

なので、あるあるですが、シャンプー剤を

手につけて、そのまま髪で泡立てるの

ではなく、泡で出てくるポンプにシャンプー剤を入れて、

頭で泡立てる事をやめるだけでもだいぶ違うと思います。

もし可能な範囲で出来るようであれば

次は洗い方を工夫されるといいかもしれません。

手でゴシゴシ擦るのではなく、ふんわり毛穴を潰さない程度の力で

全体を洗ってあげるだけでも違います。

なぜなら立毛筋自体は、強く擦る事で働かなくてもいいんだと、

髪の毛を押し上げる力を失います。

若者の薄毛対策。強く擦らない習慣を

あと強くこ擦る事で、これから成長していく産毛を脱毛させることになります。

どちらかと言うと、抜け毛の本数よりも、この産毛が抜ける

事の方が、とても損失かなと思います。

育ちきった髪の毛が1日ある程度抜けるのは自然なことですが、

産毛が抜けてしまうのは、先程のように洗い方が強かったり頭皮が、

かゆいからとかきむしってしまったりする事の弊害なので、

日頃から抜け毛を作らない習慣を取り入れていく事もまた大切かなと思います。

最近改めて見直されてるのが、頭皮を

マッサージなどしたり振動させる事で、

毛根を活性化させる効果があると

世の中的に発表されてたりします。

先程の、頭皮をこすると産毛が抜けるの

と同じで、マッサージも強くガシガシ

やると逆効果になります。

なので、おすすめの方法が動物の毛の

歯ブラシが売ってます。

そちらで全体を軽くマッサージも兼ねて、

地道に血流促進を促す事も、方法として

は悪くないと思います。

頭皮用の歯ブラシが売ってたりもしますので、

もし少し高くてもいいやという方は、

そちらを、お試しになってもありかも

しれません。

外部的作用の薬としてミノキシジルは

一定の効果があるみたいです。

私も自分で試してみてますが、正直今まで何本か使いましたが、よくわかってな

いのが本音のところです。

ただこれも、先ほどの振動方で考えた時に、一定の効果があるやり方が

とても大切ではないかなと思い始めました。

用量用法のところに、塗布をした後、

頭皮マッサージをして下さい。

と書かれていたので先程の動物の毛の歯ブラシに、

ミノキシジル入りの育毛剤を染み込ませ、頭皮全体、

または気になる箇所に軽くつけていくやり方は、

歯ブラシの毛先がとても細いので、

毛穴に指で押し込むよりは効率的かなと思います。