シャンプーの頭皮・髪への影響

シャンプーの頭皮・髪への影響

シャンプー剤は頭皮にどのような影響を及ぼすのか、シャンプーの頭皮への影響を記事にしました。

Advertisement

シャンプー選びも頭皮・髪には大切

みなさん、シャンプー選びで髪の毛の綺麗さ、頭皮への影響がだいぶ違うのをご存知でしょうか?

実はシャンプーはとても大切です。私は研究者でも、ケミカルオタクでも無いので深くお話は出来ませんが、

経験で感じた事と、自分が今までに知り得た知識を交えてお伝えします。

良く聞くお話ですが、ドラッグストアなどを販売代理店に選んで売っているシャンプーは、良くCMで見かけると思うのですが、実は

広告宣伝費がものすごくかかっています。

この金額を回収したいので、1本あたりからの利益を最大化する為に、原価コストをすごくすご~く抑えています。

シャンプーを作る時に釜を購入して作るのですが、大量に製造して原価を下げます。

髪や頭皮に良い洗浄成分を使いたいところですが、こちらをチョイスしてしまうと原価が上がるので、

洗浄成分もリーズナブルなものを使います。

シャンプーって洗浄成分がアミノ酸のマイルドなものを使うと、トリートメントをしなくても髪がマイルドになります。

なぜアミノ酸が良いのでしょう。髪の毛も頭皮も紐解くとたんぱく質で出来ているので、

アミノ酸もたんぱく質。髪に似た成分なので、洗う時にたんぱく質を補給できる。

肌に優しい弱酸性のPH。

少し話が脱線してしまいましたが、市販の宣伝をバンバンやってるシャンプーと、食器洗い洗剤。

値段÷mlを計算すると、なんと1mlのコストがほぼ同じ(汗)

言葉にすると、コスト計算で、洗剤と言っても過言ではないのです。

使われている洗浄成分も、強い脱脂力があるものなので、きしむ。

きしまないようになめらか成分が多めに入っており、そう感じさせないだけ・・・

なんか大げさな言い方ですが、

洗剤で髪の毛・頭皮を洗いたいですか?

そう聞かれたらいかがでしょう?少し考えちゃいますよね(汗)

Advertisement

シャンプーの頭皮・髪への刺激成分

シャンプーのそもそもの目的は、頭皮の脂、汚れを落とすことが目的です。

そのために界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤はなん何なのでしょうか?

水と油を混ぜるためのもの。

食器の油汚れが落ちるのもこの界面活性剤の持つ利点です。

しかし、界面活性剤には、もうひとつ合成界面活性剤がありこちらが人体に対して毒だとも言われております。

浸透性が高く、残留しやすいのです。

肌が弱い方は荒れてしまう原因になりやすく、残留しやすい事から臓器にも悪影響を与えるとも言われてます。

シャンプーもビジネスなので、事実売れないと困ります。

ただ、大量生産する事でコストを考えた時には、科学的に作られたものを使用した洗剤の方が安価にできるのです。

市販の洗剤で洗うのか、サロン専売品の化粧品で洗うのか

難しい問題ですね。

毒性を無害化出来るミネラルについて以前書いたので参考に

下のシャンプーテセラージュは成分もアミノ酸のマイルドシャンプーなので

美髪にはオススメです。