おすすめシャンプー☆頭皮にやさしいこの1本

おすすめシャンプー☆頭皮にやさしいこの1本

シャンプー剤は頭皮にどのような影響を及ぼすのか、

シャンプーは何が良いのか、頭皮にやさしいおすすめシャンプーと、

頭皮への影響を記事にしました。

おすすめのシャンプーもご紹介します。

Advertisement

おすすめシャンプー頭皮と髪にやさしいもの

みなさん、シャンプー選びで髪の毛の綺麗さ、

頭皮への影響がだいぶ違うのをご存知でしょうか?

実はシャンプーとても大切です。私は研究者でも、

ケミカルオタクでも無いので深くお話は出来ませんが、

美容師の経験で感じた事と、

自分が今までに知り得た知識を交えてお伝えします。

シャンプーおすすめの1本もお伝えします。

良く聞くお話ですが、ドラッグストアなどを販売代理店に選んで売っている

シャンプーは、良くCMで見かけると思うのですが、実は

広告宣伝費がものすごくかかっています。

この金額を回収したいので、1本あたりからの利益を最大化する為に、

原価コストをすごくすご~く抑えています。

シャンプーを作る時に釜を購入して作るのですが、

大量に製造して原価を下げます。

髪や頭皮に良い洗浄成分を使いたいところですが、

こちらをチョイスしてしまうと原価が上がるので、

洗浄成分もリーズナブルなものを使います。

シャンプーって洗浄成分がアミノ酸のマイルドなものを使うと、トリートメントをしなくても髪がマイルドになります。

なぜアミノ酸がおすすめで、良いのでしょう。

髪の毛も頭皮も紐解くとたんぱく質で出来ているので、

アミノ酸もたんぱく質。髪に似た成分なので、洗う時にたんぱく質を補給できる。

肌に優しい弱酸性のPH。

少し話が脱線してしまいましたが、

市販の宣伝をバンバンやってるシャンプーと、食器洗い洗剤、

値段÷mlを計算すると、なんと1mlのコストがほぼ同じ(汗)

言葉にすると、コスト計算で、洗剤と言っても過言ではないのです。

使われている洗浄成分も、強い脱脂力があるものなので、きしむ。

きしまないようになめらか成分が多めに入っており、そう感じさせないだけ・・・

なんか大げさな言い方ですが、

洗剤で髪の毛・頭皮を洗いたいですか?

そう聞かれたらいかがでしょう?少し考えちゃいますよね(汗)

Advertisement

おすすめシャンプー理由頭皮・髪への刺激成分

シャンプーのそもそもの目的は、頭皮の脂、汚れを落とすことが目的です。

そのために界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤はなん何なのでしょうか?

水と油を混ぜるためのもの。

食器の油汚れが落ちるのもこの界面活性剤の持つ利点です。

しかし、界面活性剤には、もうひとつ合成界面活性剤があり

こちらが人体に対して毒だとも言われております。

浸透性が高く、残留しやすいのです。

肌が弱い方は荒れてしまう原因になりやすく、

残留しやすい事から臓器にも悪影響を与えるとも言われてます。

シャンプーもビジネスなので、事実売れないと困ります。

ただ、大量生産する事でコストを考えた時には、科学的に作られたものを

使用した洗剤の方が安価にできるのです。

コスパ重視で、界面活性剤フリーだと石鹸しゃんぷーに

なってしまいますが、髪がきしまずに、

コスパも良いシャンプーが、アラウ 泡せっけんシャンプー

天然ハーブの成分配合。
ラベンダー油&ライム油:香るうるおい天然精油
シソ葉エキス&カミツレエキス:うるおい植物エキス

精油配合のお陰で、髪もサラサラです。

おすすめシャンプーおすすめ☆頭皮にやさしいこの1本まとめ

市販の洗剤で洗うのか、サロン専売品の化粧品で洗うのか

難しい問題ですね。

髪はもちろんの事、頭皮を大切に考えたら、やはり洗浄成分のマイルドな

植物由来の界面活性剤をおすすめします。

下のシャンプーテセラージュは成分も 植物由来の界面活性剤

アミノ酸のマイルドシャンプー

いたわるなら、本格アーリーエイジングケア【Tesserage(テセラージュ)】

おすすめです。