髪を増やす、ボリュームを出す習慣

髪を増やす、ボリュームを出す習慣

髪を増やす、ボリュームを出すのはシンプルに生活習慣を少し見直すだけで

変わる。変わった方を見てきた事を記事にしました。

髪を増やすには少しの努力が必要

長年サロンでお客様と接していますと、男性の方で髪が薄くなり始めている方が多数おります。

そんな中で、何人かの方は髪が以前に比べると力強く、ふわっと元気に立ち上がってきた方もいて、

よくお話を聞くと、「最近ダイエットに成功しました。間食を減らし、1日の摂取カロリーを決めるようにしたら、10kgも減りました」

見た目もシャープになられて、とても健康そうです。

不思議と、ダイエットに成功された方に共通して言えるのが

髪にボリュームが出たと言うこと

このように、ダイエットと言うゴールを決めて、そこに向かう為に意識して食事、適度な運動、睡眠の改善を取り入れた方が

結果、髪も健康になったのだと思います。

髪の健康=体の健康

共通して生活習慣を変えられた方が髪が元気に立ってきて、髪の本数も増えたように見える。

事実、変化が現れているのです。

髪の毛の栄養は血液から送られてきます。

高血圧の方に多い、ゴースト毛細血管は聞いた事あるでしょうか?

血流が行ってない毛細血管の事なのですが、これ少しの努力で治せるそうなのです。

特に頭皮は、頭蓋骨のせいで皮膚が引っ張られて、薄く血行も悪いのでゴースト毛細血管になりやすく、栄養が毛根に運ばれないので髪の毛が弱々しくなっていってしまう。

ゴースト毛細血管はどのように血流を再開させるのでしょうか?

これが先ほどの食事・運動・睡眠を変えることで達成できます。

Advertisement

髪を増やす食事

皆様にお聞きして、ストイックにされてるのかと思ったらそうでもなく、

1日の総摂取カロリーだけ決めて、それを朝・昼・夜3回に分けて取る。

これだけです。お菓子などの間食は辞めたそうです。

食べたいものは食べているので、続けられて結果痩せたようです。

1日の摂取カロリーは実は年齢でだいぶ変わってきます。

私の年齢だとおおよそ1600キロカロリーです。

案外少なくないですか(汗)ちゃんとした食事以外の間食を入れてしまうとすぐに超えてしまいます。

気をつけなきゃですよね・・・

髪を増やす運動

痩せて体が軽くなったので、ジムに行くようになられたみたいで、

出来る範囲で、筋トレ、ランニングを適度にやるそうです。

体で血流促進に大切なのは下半身で、上半身は血流だけみるとあまり効果はないそうです。

家でも出来るトレーニングとして、かかとは浮かせてつま先で歩く。

このトレーニングでふくらはぎを鍛えて、第二の心臓の強化になります。

太もも裏の、ハムストリング。ここも鍛えると良いです。

太ももの上は日常でも鍛えられるそうなのですが、太もも裏のハムストリングは

意識しないと鍛えられない。

下半身、太もも周りの筋肉で全身の筋肉の50%を占めているそうなので、

下半身を毎日少しづつでも鍛えるだけでも、血流を改善できるのではないでしょうか。

Advertisement

髪を増やすには睡眠

最後に、お客様で髪に元気が出てきた方の共通点が睡眠。

ちゃんと6~8時間は眠るように意識を変えられたそうです。

睡眠中の夜は、副交感神経(休息の神経)が優位に働き、

血管を拡張させたり、ホルモン分泌を増加させるので、細胞の新陳代謝を促進し体のメンテナンスをする時間です。

睡眠時間の確保も髪の毛のメンテナンスをする意味でも、ちゃんと睡眠を取られると髪にも良い効果が出てくるのですね。

髪を増やすまとめ

食事、運動、睡眠。よく聞くことですが、髪が元気になられてきた方の共通点がこれなので言い訳できないです。

血液で栄養が運ばれるので、ゴースト毛細血管を減らすためにもバランスよくこの3つを取り入れられると変わります。

まず髪の元気を取り戻して髪にボリュームを出していきましょう!